Pastel Jazz PASTEL JAZZ 10/11 Calm@prahaが楽しみ。 忍者ブログ
Thank you and see you. We were Pastels from PASTEL JAZZ!
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月11日(日)のCalm@prahaが楽しみ。
なんといってもサウンドシステム(=音響設備)が。

calm_blog.jpg

Calmのホームページには、以前から機材プロフィールが載ってて
一度聞いてみたいと思ってましたが新潟まで運んでくるとはね。。

個人的には「クラブサウンドへの挑戦状」だと思ってます。
この音の作り方は、オーディオマニアが何百万円、何千万円とかけて、
オーディオルームで聞く音の作り方ですよ。
果たしてこの音をどう感じるのか! 期待大です。


特設ページもできてるみたい。


(ここから先は、ひとり言です。。)
この日使うMCカートリッジ(針)ってのは、
レコードの溝から拾う音が超繊細。その代わり音圧が異常に低い。
だからフォノイコライザーと昇圧トランスをつかって、
レベルを上げるわけですがレコード盤の状態に依存するところがあまりにも大きい。

レコードは、CDと違って
「録音の質」「保存の状態」「再生の回数」によって大きく音が変わります。
ましてやDJのもってるレコードの状態なんて褒められたモンじゃないはずです。
逆回転させたり、重い針圧のせいで溝はボケてくるし、タバコのヤニで汚れるし。

レコード盤の状態が悪ければ、「音の悪さ」「ノイズ」も大きくなるわけです。
いわばこのサウンドシステムは、DJ誰もがいい音でプレイできるシステムではない。
使う人を選ぶシステムとも言えます。使いこなす知識と耳が必要なシステム。

電源はもちろん、キレイにするみたいですね。
アイソレーションレギュレーターを使って、ノイズのないクリーンな電源を作って、
そこから機材の電源をとる。アナログレコードは特に電源のノイズがスピーカーまで
伝わってくるから、これは必須ですね。
できればこれだけでビフォー&アフターで聞き比べたいな。

そして、
このシステムがつくる音が、
低音が響いて欲しい(と求められている)クラブオーディエンスが気持ちいいと思う
音で響くのかどうか。もしくは低音強調のない音がクラブで気持ち良く響くのか?
その辺を、アタマではなく、“耳”と“体”で感じたいと思います。
「高価なシステムだ」という先入観を捨てて、
「クラブオーディエンスとして気持ち良いと感じるか?」という
純粋な感覚で臨みたいと思うし、
同時に、「初めての体験をさせてもらいたい!」という期待感がチョーあります。

あー、スッゲー楽しみだ。
「Authentic Love Song」calm 聞けるかなぁ〜。






話変わりますが、
今日、FM PORTの「まことサヴァンナ」79.0MHz(22:00〜)
に出演します。

マサカズ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Pastel Jazz パステルジャズ
ハンドクラップして、ステップ踏んで、ゲラゲラ笑って、キュンとする。
ネオアコ生まれフリーソウル育ち。
90年代にバフアウト!読んで、漠然とクラブにあこがれてた微熱少年が
30超えてもまだなお微熱冷めやらぬ鼻息荒めの隔月パーティー。
バカ騒ぎ終了胸騒ぎ開始!ってなっ。

新潟市のunder water bar prahaを
ホームグラウンドに活動していたが2010年5月活動休止。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/14 あや]
[05/14 mip]
[05/14 NONAME]
[05/14 KO]
[05/14 きん]
PASTEL JAZZ Produced by PASTEL JAZZ crew      Designed by ninja-blog.com and Arranged by Masakazu Kato
忍者ブログ [PR]