Pastel Jazz PASTEL JAZZ 今日の一曲(20090611) 忍者ブログ
Thank you and see you. We were Pastels from PASTEL JAZZ!
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スティーヴィーの曲で大好きなのは数あれど、
If You Really Love Meは5本の指に入るほど大好き。
 
For Once In My LifeはサミーデイヴィスJr.バージョンが印象深いけど、
スティーヴィーのホンワカした感じも好きだなぁ。

僕とマサカズで、スティーヴィーオンリーで2時間DJする自信ありますw。
それくらいパステルジャズはスティーヴィー度高いですw。

KO
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
自信あります!大好きですから。
どれだけ好きかっていうと、この温厚なボクが、
高校の英語教師と授業中にケンカになったことがあるくらい!

なぜかというと、英語の教科書にスティービーの「i just called to say i love you」の歌詞が載っていて、教師が「今日はこの曲を実際に聞いてみましょう」とか言ってラジカセを持って来た。
「♪No Newyearsday〜 」と始まった瞬間、オレは「コレはスティービーの声じゃない!」って叫んだ。「これニセモノだよ!」って。

教師は「いやいや、このカセットテープにはスティービーワンダーって書いてあるよ。本人でしょ」とか言う。
「いやいや、こんな下手じゃないよ。スティービー聞いたことあんの?もっといい声だし。」
「これはスティーイーワンダーさんの声でしょう」
「ゼッタイ違うよ。そこに名前書いてあんのは作詞作曲でしょ?だいたい教科書の付録のテープに、本人の歌を使うなんて権利とか金額的に難しいハズだよ!別の歌手が歌ってんだよ。だいたいこの声は日本人だろ!」
って言い合い。教室はイヤ〜なムード。

後日、自宅からテープ持って来て聞かせました。「ね?全然違うでしょ?グルーヴが」

クラスメイトは「何ひとりアツくなってんの?マサカズくん…」って感じでしたけど。
冷ややかな目でしたが、いいんです。
スティービーってこんなもんか、と思われたくなかった、ただそれだけです。

マサカズ 2009/06/12(Fri)11:51:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Pastel Jazz パステルジャズ
ハンドクラップして、ステップ踏んで、ゲラゲラ笑って、キュンとする。
ネオアコ生まれフリーソウル育ち。
90年代にバフアウト!読んで、漠然とクラブにあこがれてた微熱少年が
30超えてもまだなお微熱冷めやらぬ鼻息荒めの隔月パーティー。
バカ騒ぎ終了胸騒ぎ開始!ってなっ。

新潟市のunder water bar prahaを
ホームグラウンドに活動していたが2010年5月活動休止。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/14 あや]
[05/14 mip]
[05/14 NONAME]
[05/14 KO]
[05/14 きん]
PASTEL JAZZ Produced by PASTEL JAZZ crew      Designed by ninja-blog.com and Arranged by Masakazu Kato
忍者ブログ [PR]