Pastel Jazz PASTEL JAZZ Philosophy 忍者ブログ
Thank you and see you. We were Pastels from PASTEL JAZZ!
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ben Folds Fiveとの出会いが第四次音楽的転換期だなと思う。
第一次は母親にKUWATA BANDのカセットテープ買ってもらった時で、
第二次は予備校で江添くんっていう友達とネオアコバンドのCDを貸し借り
してた時で、第三次はロンドンでサバービアとにらめっこしながら
ひたすらフリーソウル的な音楽を掘ってた時。
で、BF5にはロンドンから一時帰国してる時に出会って、実は弟の伸くんが
買ってて、一聴したとたん、ガツーンって。やられちゃったな。
「ジャクソン・カナリー」〜「ボクシング」まで、ず〜っとやられっぱ。
ニルヴァーナmeetsビリー・ジョエルっていうキャッチコピーも良かったし。
中でも、この「フィロソフィー」は聴くといつでもドキドキする曲。
何度かパステルジャズでもかけたな。勝手に胸騒ぎソングに認定。 

映像はWest 54thていう場所でセッションした時のものなんだけど、
このセッションが格別にいいんです。じっくり見たい方はDVDでどうぞ。

たしか、その昔、トモヤが「West 54th」ってタイトルのパーティーやってたよな。
過去の物事すらパステルズ的って、もはや運命ですかね?いやいや、後付けか。

ちなみに、ロンドンでBF5のライブに行ったんだけど、モッシュして酸欠で
死にそうになって、そこから抜け出そうとダイブの波に乗ってもがいてたら
いつの間にかステージ上に。横見たらBenがピアノ叩いてました。その後は
セキュリティーに首根っこつかまれてステージ裏へ。いい思い出です。

KO

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Pastel Jazz パステルジャズ
ハンドクラップして、ステップ踏んで、ゲラゲラ笑って、キュンとする。
ネオアコ生まれフリーソウル育ち。
90年代にバフアウト!読んで、漠然とクラブにあこがれてた微熱少年が
30超えてもまだなお微熱冷めやらぬ鼻息荒めの隔月パーティー。
バカ騒ぎ終了胸騒ぎ開始!ってなっ。

新潟市のunder water bar prahaを
ホームグラウンドに活動していたが2010年5月活動休止。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/14 あや]
[05/14 mip]
[05/14 NONAME]
[05/14 KO]
[05/14 きん]
PASTEL JAZZ Produced by PASTEL JAZZ crew      Designed by ninja-blog.com and Arranged by Masakazu Kato
忍者ブログ [PR]