Pastel Jazz PASTEL JAZZ ブッ飛んでるか〜い!! 忍者ブログ
Thank you and see you. We were Pastels from PASTEL JAZZ!
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RC世代じゃないボクは、レジェンドの死を悲しみきれていない。
ただ、レジェンドに多くのミュージシャンが影響を受け、
知らず知らずのうちにボクにまで届いていることはよくわかる。

小学6年生。
おニャン子クラブの中で高井麻己子が大好きだったボクは「明星」とか
「平凡」で、うしろ指さされ組の情報を出来うる限り入手していた。
ゆうゆは眼中になく、とにかく高井麻己子のどんな情報でも知りたかった。
プロフィールは当然のこと、趣味や特技、好きなミュージシャン、ボクは
次々と高井麻己子のデータをインプットしていった。

ある時、犬派か猫派という質問に「猫派」と答えていた高井麻己子。
当時から動物があまり好きじゃないボクは無理矢理猫派を気取り、
我慢して野良猫をなでて、あげく全身に蕁麻疹が出て、病院に
半日入院したこともある。甘酸っぱい思い出だ。

好きなミュージシャンは?との質問に「忌野清志郎」と答えた高井麻己子。
いったい何て読むのかもわからない、見たこともないミュージシャンを、
さも知ってるかのように学級新聞に書き、今注目はコレだ!とかなんとかで
ひとり満足感に浸っていた。

その後、近所の本屋で、たぶんミュージックマガジンか何かで、はじめて
忌野清志郎を確認した時、「えっ!?コレ?」と思ったものだ。
ツンツンのヘアスタイルに、ド派手なメイク、爬虫類的なその風貌に
「高井麻己子・・・遠い存在だな・・・」と愕然とした。

時は経って、カップ麺のコマーシャルでタイマーズの
「デイドリーム・ビリーバー」が流れ、ヘルメットに作業服、サングラスに
マスクのその人が忌野清志郎だと知った時、その距離は急速に縮まった。

高井麻己子が秋本康と結婚し、またしても「えっ!?なんで?」と
思い知らされ、次第に高井麻己子はボクの中から消えていった。

そして、レジェンドも逝ってしまった。

ボクの中のゆるく、細いストーリーがひとつ終わりを迎えた。

甘酸っぱい思い出とレジェンドに・・・R.I.P.


迷ったけど、パステルズ的にはこれかなと。
 
KO
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Pastel Jazz パステルジャズ
ハンドクラップして、ステップ踏んで、ゲラゲラ笑って、キュンとする。
ネオアコ生まれフリーソウル育ち。
90年代にバフアウト!読んで、漠然とクラブにあこがれてた微熱少年が
30超えてもまだなお微熱冷めやらぬ鼻息荒めの隔月パーティー。
バカ騒ぎ終了胸騒ぎ開始!ってなっ。

新潟市のunder water bar prahaを
ホームグラウンドに活動していたが2010年5月活動休止。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新コメント
[05/14 あや]
[05/14 mip]
[05/14 NONAME]
[05/14 KO]
[05/14 きん]
PASTEL JAZZ Produced by PASTEL JAZZ crew      Designed by ninja-blog.com and Arranged by Masakazu Kato
忍者ブログ [PR]